不動産業界の歩き方  銀行系列の不動産会社について解説します。不動産業界への就職を目指す方、必見!

トップページ銀行グループ系列

銀行グループ系列の特色/不動産業界の歩き方

不動産業界の歩き方
不動産業界
新築マンションの販売
投資用ワンルーム
建売住宅の販売
買取り・再販業者
町の不動産屋
競売ビジネス
不動産の任意売却
不動産ブローカー
不動産コンサルティング
不動産投資アドバイザー
不動産仲介の世界
不動産の売買仲介
大手不動産仲介会社
銀行グループ系列
ゼネコン系列
住宅メーカー系列
私鉄系列
フランチャイズ加盟店
仲介のクレーム対処法
仲介営業マンの1日
背徳の報酬
不動産賃貸の世界
不動産の賃貸仲介
外国人向け賃貸仲介
事業用賃貸仲介
賃貸管理
賃貸保証
不動産会社へ就職
就職、転職情報
就職前にアドバイス
新卒の就職活動
中途採用・転職
女性にアドバイス
事務員さんのお仕事
稼げる会社の選び方
不動産関連資格
宅建資格
固定給と歩合
完全歩合制・フルコミ
フルコミッション営業入門
フルコミッション営業募集
会社を退職する前に
求人募集の現状
転職支援サイト活用
不動産業界への道
業界の魅力と厳しさ
電話営業・テレアポ
業界の方にお勧め
業界の未来予想
業界のネット活用状況
超現実的な話
競売用語
不動産の本
不動産屋の開業手続き
不動産業務用品
不動産会社の事業資金
不動産業界の現状
業界情報の見極め方
不動産投資・賃貸経営
不動産情報検索サイト
不動産業界用語
不動産業界リンク集
銀行系列の不動産会社
直線上に配置
ここで言う銀行グループ系不動産営業とは、=銀行による100%出資の子会社です。主に銀行の預金顧客の財産(不動産)処分あるいは購入をお手伝いをします。
銀行グループ系子会社の営業
銀行グループ系列会社の営業にとって1番大切な事は「社内・グループ内営業」です。銀行と情報を共有化しています。銀行の預金顧客を担当するので通常より緊張感が増します。高額預金者の機嫌を損ねれば億単位の預金解約につながるリスクがあるからです。大きな失敗をしてしまった人の敗者復活はありえません。

銀行系不動産会社の仕事は預金顧客の不動産処分が主で、取引額も高額のため魅力的ですが、専門知識は通常の「不動産仲介営業のプロフェッショナル」と同等以上が求められます。不動産の契約に至るプロセスは長く、契約する際に発生する調査報告書や稟議書は膨大な量であり、1つ契約が内定すると準備で1週間を費やす事もあります。

銀行によっては、「不動産を扱う子会社」をいくつも経営している場合があり、その場合は銀行からの情報が分散されて、銀行情報だけではノルマ達成は困難なため、普通の不動産営業をしています。
銀行グループの不動産営業職に求められるもの
○宅地建物取引士資格(ほぼ社員全員取得。)
○不動産コンサルティングマスター資格(責任者は資格者)
○AFP ・CFP(ファイナンシャルプランナー)
○幅広い関係法規の知識。
○絶対的なトラブル回避・解決能力(社内・社外)
○ストレス・プレッシャーに対しての免疫・体力
○出世したい人は禁煙
○どんな手を使っても、上司と銀行担当者に好かれる事。


銀行グループの魅力
○財形貯蓄・退職金制度・食事手当等、充実した雇用条件です。
○セクシャルハラスメント対策や、コンプライアンスに関する教育等がキチンとしています。
○銀行グループ系列の不動産会社は、不動産業界で唯一、本当に「有給休暇」が使えます。

入社の流れ
1・履歴書・職務経歴書等を郵送で応募
2・書類選考・・・・宅建資格の有無や転職回数等で絞込みか?
3・一次面接と筆記試験・・・・この段階では女性も多数いるのでは・・。
4・二次面接と筆記試験・・・・ここを通過すると、多少の調査はされる気がします。前職の会社への問合せ等。
5・三次面接(最終面接)・・・・ここで落ちる人は少ない。役員面談
6・健康診断・・・・案外、若い人がここで落ちるケース有 
7・入社のご案内が届く。入社日に必要なもの(年金手帳・住民票・前職の源泉徴収票等)が記載。
8.入社当日に親会社である銀行の口座を任意で申込みします。(給料振込み用)
転職情報が満載の転職サイトDODA(デューダ)
おまけ
近年のメガバンク化に伴う銀行の合併・統合は子会社も例外ではなく、勝ち・負けはハッキリとした形で体験できると思います。

普通の「大手系列仲介会社」は1店舗5〜10人体制ですが、信託銀行系列は子会社統合の影響もあり、1店舗10人〜20人体制です。ライバルの数が多く、稼げない営業の比率も高いのでは?と予想します。

会社の仲間とは家族的な雰囲気で仲良し・・なんて銀行系列会社は無いです。(猿が、あなたの代わりに決済へ行き、仲介手数料を集金して、無事戻ってくる確率以下)

銀行系列会社の幹部の椅子は全て天下り様用ですが、子会社採用でも頑張れば所長(店長)位にはなれます。本店勤務で銀行の法人営業部とのパイプを作れたなら、毎月、全自動で高額の契約代行ができます。
Copyright (C) 2005 不動産業界の歩き方 All rights reserved
直線上に配置
ブログ版/不動産業界の歩き方不動産屋の道具箱不動産担保ローン最新情報私道.net引越し準備.net