不動産業界の歩き方 大手不動産仲介会社について解説 不動産業界へ就職を目指す方は必見!

トップページ大手不動産仲介会社

大手不動産仲介会社/不動産業界の歩き方

不動産業界の歩き方
不動産業界
新築マンションの販売
投資用ワンルーム
建売住宅の販売
買取り・再販業者
町の不動産屋
競売ビジネス
不動産の任意売却
不動産ブローカー
不動産コンサルティング
不動産投資アドバイザー
不動産仲介の世界
不動産の売買仲介
大手不動産仲介会社
銀行グループ系列
ゼネコン系列
住宅メーカー系列
私鉄系列
フランチャイズ加盟店
仲介のクレーム対処法
仲介営業マンの1日
背徳の報酬
不動産賃貸の世界
不動産の賃貸仲介
外国人向け賃貸仲介
事業用賃貸仲介
賃貸管理
賃貸保証
不動産会社へ就職
就職、転職情報
就職前にアドバイス
新卒の就職活動
中途採用・転職
女性にアドバイス
事務員さんのお仕事
稼げる会社の選び方
不動産関連資格
宅建資格
固定給と歩合
完全歩合制・フルコミ
フルコミッション営業入門
フルコミッション営業募集
会社を退職する前に
求人募集の現状
転職支援サイト活用
不動産業界への道
業界の魅力と厳しさ
電話営業・テレアポ
業界の方にお勧め
業界の未来予想
業界のネット活用状況
超現実的な話
競売用語
不動産の本
不動産屋の開業手続き
不動産業務用品
不動産会社の事業資金
不動産業界の現状
業界情報の見極め方
不動産投資・賃貸経営
不動産情報検索サイト
不動産業界用語
不動産業界リンク集
大手系列不動産仲介会社
直線上に配置
ここで言う大手系列不動産会社とは、=上場企業が100%出資した子会社です。親会社は不動産業でない場合も多く、グループ内で不動産部門としての役割も兼ねています。当ウェブサイトでは、不動産流通各社で手数料収入の上位20社くらいまでを、大手不動産仲介会社と表現します。
転職情報が満載の転職サイトDODA(デューダ)
大手仲介会社の営業職に求められるもの
仲介営業は宅地建物取引士の資格が必要です。コレが無いと書類選考で落ちる可能性が高いです。

現在は、営業マンは宅建資格だけあれば大手系列会社に採用される可能性がありますが、今後は少し厳しくなり、将来的にはFPや不動産コンサルティングマスター・・等の資格も必要となるでしょう。

ほうれんそう(報告、連絡、相談)は徹底しなければなりません。今まで地元の小さい不動産屋さんに勤務していた人が大手系列会社に再就職すると、報告の細かさにショックを受けます。慣れたら普通になります。
大手の仲介会社販売で稼ぐコツ
大手系列会社の場合、広告予算も豊富になりますが、ノルマも高く、最低でも月200万円程度の仲介手数料収入を入れないと生きてはいけません。大手はそれだけ経費がかかっているのです。売却相談も購入相談も多いので、大量の顧客の中から成約確率の高い顧客を見つけ出して契約するという選球眼が必要です。

会社により異なりますが、配属先の店舗にて担当エリア制度があるのなら、担当エリアにより損得が発生します。仲介物件が動きが活発な地域を担当すれば比較的に楽ができます。しかし、仲介物件の動きが鈍い地域を担当した場合は、たとえ大手の知名度があっても厳しい状況に追い込まれます。

担当エリアを決めるのは上司です。上司には生殺与奪権がありますので嫌われないように心がけましょう。大手には大手の厳しさがあります。個人の業績は上司の権限で大きく左右されるものです。



アドバイス
大手不動産仲介会社でも、営業職の出入りは激しく、会社によって違いはありますが、3年から5年で配属先のメンバーは入れ替わります。とくに中途入社の方はスランプの時期を乗り越える事ができないと短命です。


大手の知名度で仕事をしていると、そのブランド力、信用力を武器にする事ができますが、それが当たり前の感覚になると危険です。いつかは辞める事になります。その後も大手に入れるとは限りません。自分自身の営業力を試される事となります。


おまけ
大手仲介会社の魅力は数え切れません。キレイなオフィス・・駅前の店舗・・会社の信用・・いろいろありますが、やはり一番は『社会保険、厚生年金』等の加入かな。


大手系列会社は契約社員でも社会保険、厚生年金、雇用保険は完備しています。小さい会社の場合、表向きは「完備」ですが実際は違います。正社員でも国保だったりします。
マイコミエージェント
転職情報、求人情報豊富な人材紹介転職サイト
DODA(デューダ)
転職情報・求人情報
Copyright (C) 2005 不動産業界の歩き方 All rights reserved
直線上に配置
ブログ版/不動産業界の歩き方不動産屋の道具箱不動産担保ローン最新情報私道.net引越し準備.net