不動産業界の歩き方 『分かれ』について解説 不動産業界用語です。業界を目指す方、必見!

トップページ不動産業界用語分かれ

分かれ/不動産業界用語

不動産業界の歩き方
不動産業界
新築マンションの販売
投資用ワンルーム
建売住宅の販売
買取り・再販業者
町の不動産屋
競売ビジネス
不動産の任意売却
不動産ブローカー
不動産コンサルティング
不動産投資アドバイザー
不動産仲介の世界
不動産の売買仲介
大手不動産仲介会社
銀行グループ系列
ゼネコン系列
住宅メーカー系列
私鉄系列
フランチャイズ加盟店
仲介のクレーム対処法
仲介営業マンの1日
背徳の報酬
不動産賃貸の世界
不動産の賃貸仲介
外国人向け賃貸仲介
事業用賃貸仲介
賃貸管理
賃貸保証
資格講座・通信教育
LEC東京リーガルマインド
生涯学習のユーキャン
【分かれ】の意味
直線上に配置
分かれ
分かれとは、不動産売買における媒介報酬(成約報酬・仲介手数料)の配分を表す用語です。手数料が「分かれ」とは元付け業者は売主から報酬を受領し、客付け業者は買主から受領するという配分を明確に表現した用語です。不動産売買の媒介報酬は、依頼者の一方につきそれぞれ売買代金に対して、宅地建物取引業法で規定した範囲内の報酬を受けることができます。
「分かれ」と「片手」
物件の売却を依頼された不動産業者が、『この物件を買うお客様を紹介してください。手数料は【分かれ】でお願いします。』と、同業者に協力を求めるケースがあります。それぞれが売主か買主の片方から手数料をもらうので、『分かれ=片手』ともいいます。また、売主と買主の両方から手数料をもらえるケースを、『両手』といいます。※両手・片手の『手』は、人体の手を意味するのではなく、『仲介手数料』の手を意味します。
「分かれ」という言葉の使用例
○『今回は片手になっちゃったよ』
○『なんだ・・分かれか・・。だったら両手の物件を探して紹介しようかな。』
○『大きい取引が決まったよ。しかも両手だよ!』
不動産会社へ就職
就職、転職情報 就職前にアドバイス 新卒の就職活動 中途採用・転職
女性にアドバイス 事務員さんのお仕事 稼げる会社の選び方 不動産関連資格
宅建資格 固定給と歩合 完全歩合制・フルコミ 会社を退職する前に
求人募集の現状 転職支援サイト活用 [転職]DODA(デューダ)
不動産業界への道
業界の魅力と厳しさ 電話営業・テレアポ 業界の方にお勧め 業界の未来予想
業界のネット活用状況 超現実的な話 競売用語 不動産の本
不動産屋の開業手続き 不動産業務用品 不動産会社の事業資金 不動産業界の現状
業界情報の見極め方 不動産投資・賃貸経営 不動産情報検索サイト 不動産業界用語集
Copyright (C) 2005 不動産業界の歩き方 All rights reserved
直線上に配置
ブログ版/不動産業界の歩き方不動産屋の道具箱不動産担保ローン最新情報私道.net引越し準備.net